2023年の自作キーボード活動振り返り

2023年、自作キーボードに関連した活動をいろいろ行いました。それらをまとめたのがこの記事です。
個人的な振り返りなので皆様のお役に立つかどうかはわかりませんが、「こんなことやった人もいるのねーふーん」くらいの軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

割と長めの記事になっております。お暇なときに読んでください。
と言ってもTwitter(現X)の引用が多いので、文章自体はそんなに多くないかも。

Read More

自作キーボードの「メモリ」について調べてみた

自作キーボードではマイコンを使います。Pro Micro等のマイコンボードを使うことが多い印象です(マイコン類を基板に直接実装するものも割と見かけます)。
このマイコンにおけるメモリ(記憶領域)、いろいろと種類があるようです。
これまではなんとなく聞き流していましたが、いい機会なので軽く調べました。

Read More

自作キーボードをちょっとだけ便利にするツールをC#で書いた話

この記事は、C# Advent Calendar 2023 の6日目の記事です。
昨日の記事は、seekseek77さんの「C#12.0 .NET8.0における、Utf8文字列の作り方とパフォーマンス」でした。
stringを+でつなぐのではなくStringBuilderを使うべし、というのは知っていましたが、それ以外にも様々な手法があるというのが勉強になりました。

さて、この記事は「PRK_keymap」というツールをC#で作ったよ、というお話です。

Read More

2023年にさわったキーボードファームウェアについて

この記事は、キーボード #2 Advent Calendar 2023 の1日目の記事です。

2023年、自作キーボードおよびその関連製品についての活動をいろいろ行いました。
その中で、いくつかのキーボードファームウェアを使いました。
せっかくなので、それらについて特徴や個人的な感想などをまとめます。

個人的な振り返りなので皆様のお役に立つかどうかはわかりませんが、「こんなことやった人もいるのねーふーん」くらいの軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

Read More

アクリル積層ケースの作り方、の一例

この記事は、キーボード #1 Advent Calendar 2023 の1日目の記事です。

2023年、自作キーボードおよびその関連製品についての活動をいろいろ行いました。
その中の一つに、「アクリル積層ケースの設計」があります。
“Lasagna516(ラザニアゴーイチロク)”というケースです。
この設計について、自分がどのような手順で行ったのか・どういう知見が得られたのか、などをまとめます。

個人的な振り返りなので皆様のお役に立つかどうかはわかりませんが、「こんなことやった人もいるのねーふーん」くらいの軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

Read More

Goでキーボードファームウェアを作る (2)自設計キーボードのファームウェアを作る

Go言語を使ってキーボードファームウェアを作ってみました。
(厳密には「TinyGoおよびtinygo-keyboardを使って」、ですけど)
思っていたより簡単だったので、その簡単さを記事にまとめます。

今回は、自設計キーボードのファームウェアを作ります。

Read More