iPhoneのカレンダーに「絵文字で」天気予報を表示する方法(無料!)

前置き

iPhoneのカレンダーに天気予報が表示されていると、予定が立てやすくなって便利ですね。具体的なやり方は、「iPhone カレンダー 天気予報」あたりをキーワードにして検索すると色々出てきます。

が、出てくるのは味気ない文字情報が表示される方法ばかり…。

絵文字で天気予報を表示する方法、あるにはあるんですが、2013年7月時点で検索上位に表示されるのは有償のものでした。

経済を回すためにもお金を使ったほうがいいのかもしれませんけど、せっかくなので(?)無料でできるやり方を作りました。

Read More

SignalRを使ったサンプル「RealtimeCodeShare」を公開しました

SignalRは、大雑把にいうと「色々なクライアントに対してサーバープッシュを実現するためのライブラリ」ということになるでしょうか。

まあ詳しくはWikipedia等を見ていただくとして。

何がいいかって、Webブラウザを使っている複数の端末とリアルタイムな通信ができる、しかも簡単にプログラムが書ける、ってことです。

@ITの記事を読んでいただくと、サーバー・クライアントの双方向通信がいかに簡単に書けるか、がお分かりいただけるかと思います。

これを使って色々やってみたいことがあるのですが、まずはお勉強ということでちょっとしたものを作ってみました。

「RealtimeCodeShare」というヒネりのない名前となっております。リアルタイムチャットにコード入力欄が付いている、というものです。サンプルでよく取り上げられるシンプルなチャット+コードをタイプするたびに他の人の画面にも反映されるGist、といった感じですかね。

ぜひ、複数のウィンドウもしくは端末で試してみてください。

Githubはhttps://github.com/alg0002/RealtimeCodeShareから、動くサンプルはhttp://realtimecodeshare.azurewebsites.net/から、どうぞ。

無料でWebDAVが使えるオンラインストレージ(2013年2月版)

以前、無料でWebDAVが使えるオンラインストレージ(全部で100GB以上!?)という記事を書きました。

あれから1年ほど経ちサービスも様変わりしつつあるので、再度まとめなおしてみます。

※無料で使える容量が少ない(1GB未満)ものは取り上げていません

Read More

シンプルなCSSフレームワーク「inuit.css」の日本語デモを作りました

世の中にCSSフレームワークはいくつもあります。

その中でも非常にシンプルな「inuit.css」がなかなか良さそうだったのですが、機能を日本語で説明したサイトがなさそうだったので、日本語デモページを作成しました。

http://alg0002.github.com/inuit.css/demo-j/index.html

まだ一部の機能しか説明していませんが、おいおい追加していく予定です。たぶん。

ソース一式をgithubにあげているので、そちらを見ていただくのも良いかと。

http://github.com/alg0002/inuit.css

ひっそりとサーバー移転

当ブログはfluxflexに間借りしていました。しかしfluxflexが6月30日で閉鎖してしまうため、急遽サーバー移転を行いました。この投稿が見えているということは新しいサーバーを参照している、ということになります。

見ていただく方の目に見える変化は特にありませんが…。

無料でWebDAVが使えるオンラインストレージ(全部で100GB以上!?)

※新しく記事を書き直しました。

昨今、無料のオンラインストレージは多数存在します。

DropboxSugarSyncZumodriveあたりが有名でしょうか?

しかしサービスが多すぎて、低スペックPCでそれらのクライアントを一通り使うのはなかなか大変かもしれません。

かといってWebインターフェイスだけで使うのも、ちょっと面倒。

専用クライアントツールが無くてもOS標準機能だけで使えればいいんですが…。

そこで、無料でWebDAVに対応しているオンラインストレージについて調べてみました。

WebDAVならWindows標準機能だけで接続できますからね。

※無料で使える容量が少ない(1GB未満)ものは取り上げていません

Read More

ブログエンジンを変更

当ブログのブログエンジンを、Google App Engine用のpython-blog-systemから、fluxflexのWordpressに変更しました。

Google App Engine が Preview を終えて値上がりするようなので、その前により費用的に安く上げられそうなfluxflexに移行した、というわけです。

世の中でかなりのシェアを取っている WordPress というものを使ってみたかった、というのもあります。
一応、python-blog-system の頃に書いた記事はそのまま移行し、パーマリンクも同じURIになるようにしたので、特に問題は無いはず…。